2013.10.31 (Thu)

歌丸・円楽・米助 三人会

金山の日本特殊陶業市民会館

「歌丸・円楽・米助 三人会」
私の覚書なので とりとめも無く。m(_ _)m  



まず開口一番
瀧川鯉津さん 「熊の皮」
とっても面白かった。
元気のいい語り口が
ちゃきちゃきのおかみさんと
そのいいなりになってるけど しかたないな~っと
さっと流しているご亭主の ポンポンっとした
会話にぴったし。
また 聴いてみたいな この噺家さん。




円楽さんは「禁酒番屋」
こくこくこくっとホント美味しそうに
お酒を飲むしぐさ
どんどん酔っ払っていくところを
言い回しの少しづつの違いで どんどん
面白くなっていくわけ。
噺方を微妙に変えていくっというのは
すごいな




米助さんは「表札」 
父親が驚きながらも願っていたことが
あれよあれよと叶っていくハートフルなお話
テンポのいい 暖かい語り口が良かった




最後は歌丸師匠
「城木屋」
少し 私には難しい感じだったかな
元々 噺のお題に
「東海道五十三次、伊勢の壷屋の煙草入れ、
江戸評判中の美人」というのをもらい考えられた噺
という説明のあとは 軽快な語り口
歌丸師匠の声は優しくて聴いててとても
心地よくて。
いつまでもお元気で高座に上がって頂きたいです。




中京テレビ事業様のHPからお借りしました。

l.jpg



23:00  |  落語 コンサートなどなど  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT