2015.08.09 (Sun)

菓子屋 ここのつ

暑い暑い 午後に
着いたのは

2015-07-25 085



葛の冷水

すっとうちわで扇いでもらえたような清々しさ

2015-07-25 090



お菓子な小宇宙
雨に曇る窓のような
質感のある器に

2015-07-25 093




ひと皿ひと皿の説明に
店主様の幼いころの夏のお話
素敵なご祖母様との思い出が
ゆっくりと静かに添えられ。




茶あんみつ
つぶ餡は淡い感じの甘さ
微妙な塩加減のお豆
お茶のほんのりとした風味が上品でした。

2015-07-25 097



塩漬けされた柿の葉の上に
深い緑のお饅頭
柔らかな弾力
押し返すような食感。

2015-07-25 102



しっとりと美しい海の色。
淡いグラディエーション
陽の光を射しこむと
濁りが澄んでいくように透きとおっていくよう

2015-07-25 108




最後に
ひまわりの種がベースの
タブレット菓子のような小さなお菓子で


2015-07-25 112



お茶も 水出し 煎茶  かぼす茶   花香ほうじ茶。。っと




子供のころの夏休み
朝顔が咲いていた小さな庭
昼 日差しの届かない座敷の奥
すだれ越しの光がほんの少し差し込んでて
夜 蚊帳の中からの風景

そんな記憶を振り返り 振り返りながらの駅までの帰り道 

また 伺いたいと思います。


2015-07-25 126





06:00  |  おでかけ 関東  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://youkonozima.blog74.fc2.com/tb.php/1587-e2542efc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |