2015.10.21 (Wed)

フランス料理シェ小杉

お噂はかねがね
ランチにお伺いです

なんのお料理か
わからなくなってしまったお皿もありますが。。( ̄▽ ̄;)


2015-10-08 018

2015-10-08 025



えびせんべい←でいいのか
の上にボタン海老のムース
小さな紫蘇の葉

2015-10-08 022



蕎麦粉のガレット
炭入り←っと伺ったような
中には あわび 蛸 
そしてチーズ
添えられているのは
貝柱のスープ
お塩を使っていないとか
素材の美味しさを十二分に頂いて

2015-10-08 027



バケットラビットのパンがどんっと

頂く順番とパンをチョイス
当然全種類制覇でお願いして。( ̄▽ ̄;)

2015-10-08 042



少しづつ持ってきて頂けます。

2015-10-08 066



シークワーザーのメレンゲと
鱒のたまご
一見不思議な組み合わせですが
美味しいです

2015-10-08 030


可愛いランチ缶に入っているのは
バケラビのパンのサンドイッチ
海老とブロッコリー
コクのある優しいクリームがプラス
添えられているのは 蛤入りのピクルス
風味が良くて爽やか

2015-10-08 031

2015-10-08 034



コンソメのジュレとポテトだったと思うのですが。。
なめらかな口当たりで美味しさが凝縮されてて

2015-10-08 037



きのこの旨味と
香りいっぱいの一品

下の緑のコは。。。わからなくなってしまった。。

2015-10-08 038

2015-10-08 044




白トリュフ
枝豆
下には卵黄
なんとも上品な美味しさ

2015-10-08 047



ナンバリングされたクッキー
黒トリュフ入りのクリーム

2015-10-08 049


メインの前に
サラダ
白ワインビネガーのシンプルな味付け
玄米かな
プチプチ感が楽しい
赤いベゴニアが鮮やか

2015-10-08 052



ヒラメの蒸し焼きと
ムール貝のソース
ソースをパンでふきふきして

2015-10-08 060



豚肉のロースト←三元豚と聞いたような
緑の山の下はふんわりっ蒸しパンだったかな
苦みが効いてて
ソースとの相性抜群

2015-10-08 064



デザートは

ラズベリーが上にも中にもたっぷりの
クッキー

2015-10-08 077


ヨーグルトと洋梨のシェーク
ミニャは
抹茶の中には甘納豆
ドラゴンフルーツ等々のフリュイ
胡麻のクッキーなどなど
パンデビスがピリリっとした味わいで美味しかった
つい お代わり お願いして。


2015-10-08 070

2015-10-08 074




コーヒーと

2015-10-08 080




奥様の丁重なサービス
可愛くてキュートとか言ってしまうと
大変失礼ですが
そんな言葉がぴったりで。
重厚感溢れる店内が
奥様のご対応によってホスピタリティーあふれる
のんびりとした心地いい空間に





いい時間を過ごさせて頂きました
また伺いたいと思います


2015-10-08 081





フランス料理シェ小杉
名古屋市千種区丘上町2-34-4 ハイネスヴィレッジ 103
052-784-6084
11:30~14:30 L.O.12:00
18:00~23:00 L.O.20:00
定休日 月曜・火曜昼
駐車場有

05:00  |  名古屋 千種区  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

すてきです

すんごい高級なイメージでした!
あ 高級なんですけど 何て言うか
もっとカクカクなお堅いイメージがあったんだけど
雰囲気が良く居心地がよさそうな感じが伝わりました!



☆イトウ☆ |  2015.10.23(金) 20:21 | URL |  【編集】

☆イトウ☆ さんへ

そう 私も もっと敷居の高い高いイメージでしたが
全然そんなこと無くて。
お金のこと 書いてしまうといかんのですが
実はランチでも5%のサービス料が必要です。
でも 奥様のご対応は十分その価値はあります!
是非~  

だら |  2015.10.27(火) 08:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://youkonozima.blog74.fc2.com/tb.php/1655-dc7a5ee7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |