2017.03.10 (Fri)

Il etait une fois

日曜日♪

思いかけずお店の前で
お会いした方のお席が
素敵で。

2017-02-26 018




さてさて 物語の始まりは

2017-02-26 026



まずは乾杯
軽い飲み口の国産プレミアムビール
「人生に寄り添うビール」だそう

2017-02-26 037

2017-02-26 040



赤米のチップスに
お魚はキンキ
上にはトマトのマリネだったかな
初めにほっとする
慣れ親しんだお味が

2017-02-26 042




蕎麦粉のガレット
ふわふわの中には
ほたて たこなどなど

2017-02-26 045



カラフルな水玉もようのペーパーバックには
白えびとエストラゴンの小さなバケットサンド

2017-02-26 047

2017-02-26 055



ホワイトアスパラ
添えられたソースもアスパラのソースで
素材感をしっかりと感じさせ

2017-02-26 049



セルフィーユの可愛いお団子
お芋と百合根のいいとこどりの食感と
こっくりとした甘さ

2017-02-26 064



セロリラブ
じっくり15時間火を通して
ミルクとバターのソース
アリッサムの花を散らして

2017-02-26 060



ふきのとうのケーキ
っと言っても甘くなく
ほんのりとクリームチーズの風味

2017-02-26 068



たっぷりのローズマリーの上に
乗っているのは
バケラビのテロアール
仔牛のリエット

2017-02-26 071



香草の香りたっぷりの
パリパリ

2017-02-26 075



聖護院かぶらのマリネ
オレンジの花はナスタチウム
紅心大根のパウダー

2017-02-26 089



はい たっぷりっと
バケラビのパンが

2017-02-26 084




うずらのたまごが
パリパリの巣の中に
白トリュフのソース注いで頂き
言わずもがなの絶品な美味しさで


2017-02-26 092

2017-02-26 094




食べきれない~っと
お持ち帰りすることもありましたが
やっぱり
ここで頂くのが一番の

2017-02-26 098




カリフラワーをじっくり じっくり
1時間
ヨーグルトのソースと
ゲランドのお塩で

2017-02-26 106




可愛いカテラリーで
よ~く掘り掘りして
苦味が効いたお野菜の下に
魚介で炊いたお米が

2017-02-26 111

2017-02-26 116



青木良太氏の器の中には
コンソメスープ
10年ぶりに納得出来るスープが
出来上がったとのこと
ぎゅっと凝縮された旨み

2017-02-26 121




子牛のロースト
行者にんにくのソースがきりっと 
絶妙な火の入り方。ソースの香りでひきつけつつ、食感はしっとりやわらか。

2017-02-26 126



デザートは
ピクニックで

2017-02-26 129


ミニャは♪

2017-02-26 131




椅子にちょこんっと
横には小さなお弁当箱
赤いコはお初の生キャラメル
美味しかった~

2017-02-26 138


2017-02-26 145




お弁当箱の中には
はちみつのアイス
ガレットデロワ
唇のようなグラニテ

2017-02-26 150




4つの椅子の上
無くなると また座ってて

2017-02-26 156



今回はピンクのカップで

2017-02-26 153




お料理は静かで上品 
大人のお料理
だけど 演出は御伽噺のような
このギャップも魅力のひとつで
お客様に
いい時間を過ごしてもらいたいという
御夫婦の思いがひしひしっと
感じられ


今度はディナータイムに




Il etait une fois

01:00  |  名古屋 千種区  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://youkonozima.blog74.fc2.com/tb.php/2139-1883c384

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |