2012.03.11 (Sun)

クチーナ イタリアーナ ガッルーラ

八事のガッルーラ
今回はディナーでのお伺いっ。
と言っても 電話がかかった時は、すでにランチは満席だったからですが。


011_20120310083448.jpg


015_20120310083448.jpg





Aコース 6500円 をお願い。
本日のシェフお任せの前菜+アラカルトの中から前菜+パスタ+魚 肉料理から1皿+ ドルチェ+カフェなのです。

他に10500円の「シェフのお勧めするコース」もあり。
せっかくだし っと10500円も頭に過ぎったけど
すんでのところで思いとどまり


まずはしゅわしゅわワインで。

017_20120310083447.jpg





前菜とパスタは一皿をシェアしてくれます。

まず こちらが本日のシェフお任せの前菜
ほうぼうとでこぽんのカルパッチョ  ヴィネグレットのサルサソース?

とてもとても良い素材を 十分に楽しめるようにと味付けは
あくまでも薄味で。フルーティさが楽しめます。 


037_20120310083447.jpg





おかわり ワインはコレ
もちろん オトモダチチョイス。
私は 「わたしも一緒で」式 オーダーなので。

038_20120310083447.jpg






桜の木で軽く燻したフレッシュフォアグラと鴨胸肉 はちみつ
トリュフヴィネグレット ポロとハーブのサラダ

これは こちらに伺うたびに食べているな。私。っと言っても3回目ですが。
私が知るなかでは 一番美味しいフォアグラの一皿です。

040_20120310083533.jpg





定番の玉ねぎのフォカッチャ

035_20120310083447.jpg





焼きミル貝とタイラギと細アスパラの温かいサラダ

アスパラが甘い!!
実は フォアグラも貝もあまり 得意では無いけど
こちらでは あえて得意では無い食材を使ったのをチョイス。
だって 普段食べないものを美味しく頂けるので。

047_20120310083532.jpg





またまた おかわりワインはコレ。

043_20120310083533.jpg

 



たらば蟹とホリスティックファームさんのウイキョウのガスガネッリ

蟹の風味とトマトソースがめちゃ合ってる。

049_20120310083624.jpg






下呂の瞳米 合馬の筍のリゾット 高山の天然猪のラグー添え

ラグーもリゾットも超とろとろの中で、こりこりっとした筍が
とってもいいアクセント。

050_20120310083624.jpg





メイン
三河地鶏をソテーとホワイトアスパラガスと温泉卵と黒トリュフ

鶏さんと温泉卵って元々ゴールデンコンビ。
スタンダードな料理だけど やっぱりソースがガッルーラらしく
あくまで上品。
お肉を堪能したあとは、パンで しっかりフキフキして。

052_20120310083624.jpg

042_20120310083533.jpg





りんごのミッレフォーイエ 白ワインのムース

超あっさり。パリパリのりんごとふわっとムース。
口に入れると すっととろけるのです。コレ とっても美味しかった。

059_20120310083624.jpg





こちらはオトモダチのドルチェ。
チョコレートのトルティーノ 練乳とミルクの冷たいジェラートと共に

一口頂いて。外側はざくっと。中側はチョコレートでしっとり。
ジェラードとの相性バツグン。

058_20120310083624.jpg
 




プチフール
黄色いコは ほおずき。
酸味強めが 美味しかった。

062_20120310083624.jpg




やっぱりガッルーラ。美味しいです。お値段は、それ相当ではありますが。一番の素材を 
一番に生かして提供するっというシンプルさにこだわったお店のような気がします。


また電話しなくちゃね~~♪ 基本的に土曜日のガッルーラは3月中は月曜日の14時から
4月からは16時からのお電話って覚えておかなくちゃ。



クチーナ・イタリアーナ・ガッルーラ
名古屋市昭和区山里町70-2 山手アベニュー2F
052-833-5855  
19:20  |  名古屋 昭和区  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://youkonozima.blog74.fc2.com/tb.php/347-246d8b94

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |